2012年12月22日

雑所得とした場合

これは私見です。
正確な情報ではないものが含まれている可能性がありますので、ご注意ください。

雑所得とすると、仮に太陽光で赤字になった場合でも、他の所得と相殺はできません(雑所得同士の相殺は可能です)。
これが一番のデメリットではないでしょうか。

太陽光の耐用年数は17年です。
必要経費は、購入価格の17分の1が必要経費ですね。
現在の固定買取価格20年が続いている限りは、赤字になることはないので、雑所得としても損はないかなぁ〜と思います。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資 ブログランキングへ
posted by 平成最後の大家 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 大家の孫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする